ページ
トップ

明日へのエステ経営に役立つ無料WEBマガジン

誰もが知るエステ業界の先駆者が開催する社員表彰式とは!?

2021-07-27 12:00:13 | テーマ: 2021年party勝ち組サロン感動プロデュース社外イベント

皆さん、こんにちは。

株式会社フューチャーブレーン

代表コンサルタントの佐藤剛(さとうごう)です。

 

関東は、例年より少し早く梅雨も明け、

初夏を感じさせる暑い日が続いておりますが、

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

お客様に喜んで頂けるサロン運営を行うためにも

ぜひ暑さに負けず、笑顔や感動を届けられるよう

自己健康管理や免疫力UPに励みましょう!

 

さて、

先日、エステ業界の先駆者でいらっしゃる尊敬する「たかの友梨先生」にお招き頂き

「たかの友梨ビューティクリニック2021年優秀社員表彰式」@明治座with純烈

に参加させていただきました。

 

 

このようなコロナ禍の中で

開催を迷われた背景もあったそうですが、

一年間の社員の功績を讃える貴重なイベントであり、

たかの友梨先生の「社員の頑張りをなんとしても讃えたい!」

という熱い思いから感染対策を徹底し開催することを決断されたそうです。

エステ業界のトップオブリーダーとして愛ある決断にとても感銘を受けました。

 

さて、冒頭のたかの先生のご挨拶で

「もしも、何かあった時のために手に職をつけなさい」

というお母様の教えから、常に「もしも」を想定し準備しておくという

お考えのもと人生を歩んでこられた上、

さらに「きっとうまくいく!」と、ポジティブに

様々な困難を乗り越えてこられたというとても力強いメッセージを受け取りました。

 

「もしも・・・」という想定される出来事に対しての

事前準備の大切さ。

 

「きっと・・・」というしっかり準備さえしていれば

未来は必ず良くなると信じること。

 

この「もしも・・・」と「きっと・・・」という

考え方がなかったら、今の自分は無かった。と

たかの先生が仰っておりました。

 

私もこのお話を伺い、

自分の過去を走馬灯のように振り返り、

創業から今日に至るまで、

紆余曲折あったことを思い出し

非常に感慨深い気持ちになりました。

 

 

優秀社員表彰式では、

たかの先生らしく華やかで気品溢れる

豪華景品のプレゼントもさることながら、

 

年間でもっとも活躍した社員に送られる賞の授与の際には、

受賞者の大切なご家族から花束の贈呈をするサプライズもあり、

社員一人ひとりに対してのたかの先生の愛情に

会場は感動の渦に巻き込まれていました。

 

ここで、エステ業界の先駆者である、たかの先生が

なぜ、ここまで成功され続けているのかを考えた時に、

目に見えない「無」を大切にされてきたのだと

今回のイベントを通じ、痛感致しました。

※前回のブログでも取り上げております。

 

エステという無形のサービスを提供する上で、

「無」というのは、目に見えないサービスに限らず、

愛情、思いやり、信頼、感謝、向上心、

その人の背景、努力など・・・

 

人としての基礎、つまり人間力のことであります。

 

いまこうやって業界最大手としてエステ業界を牽引する

たかの先生一人の熱い想いと義理人情は、社員の方々に伝わり、

そして社員一人ひとりのその情熱が美容エステを通じて

お客様の人生を豊かにすることでさらなる関係を深め発展していく。

こういった目に見えないストーリーが創業43年の実績につながっていると

感動させてもらいました。

 

このように目に見えない「無」を大切に徹底することは、

目に見えるものばかりを優先しがちな情報があふれる現代社会において、

もっとも必要なことになるのではないでしょうか。

 

 

イベントの最後には、

「人は失敗や困難・試練に直面して、そこから逃げずに立ち向かうことで素直になれる。」

というたかの先生の重みのあるお言葉を頂戴し、

今後も、当社はヘッドスパ専門店、ブライダルエステ専門店の先駆者として、

改めて人としての基礎、基本、原理原則に立ち返り、

事業運営、社員教育に当たろうと、

人生の先輩であるたかの先生からたくさんの刺激、学びを得ることのできた

大変貴重な素晴らしいイベントでした。

 

このような機会をいただけたことへの感謝と、

美容業界の変革に向けて改めて身が引き締まる想いでいっぱいです。

 

サロン業務にあったっていると、

つい目に見える目の前のことにばかり注力してしまい

視野が狭くなってしまう危険性が高いのですが、

ぜひ、みなさんもこの機会に、

人としての人間力、目には見えない「無」を

味方につけてみてはいかがでしょうか。

 

そうすることによって、

「きっと・・・」明るい未来は切り開けてきます。

 

Never give up!!

 

 

株式会社フューチャーブレーン

代表取締役/CEO

佐藤 剛(さとうごう)

リピーターファンあふれる!お客様から選ばれる店舗とは?

2021-07-22 22:15:56 | テーマ: 2021年勝ち組サロン感動プロデュース研修集客

皆さん、こんにちは。

株式会社フューチャーブレーン
代表コンサルタントの佐藤剛(さとう ごう)です。

 

気温も高い日が続いておりますが、

皆さんいかがお過ごしでしょうか?

くれぐれも熱中症には気を付けて下さいね。

 

さて、今回は、弊社が理念としている

“感動サービス”について、お話します。

 

今はこのようなご時世ですので、
しばらく伺えていないのですが、

以前よく通っていたレストランがあります。

 

そのレストランは、

高級料理などを提供するお店ではなく

馴染みのあるフランクなお店だったのですが

味やコストパフォーマンスが良いというよりも

スタッフの接客がとても心地良くて

素敵だなぁと感動し通っていました。

 

皆さんも、普段生活する中で

こんな接客に感動した!という経験が

あるのではないでしょうか?

 

 

本当に人の心に響く印象に残ることとは、

期待を超えた思いがけない「言葉」や

気持ちが晴れるような「表情」に、

気遣いにあふれる「所作」など

形のない感動だとは思いませんか。

 

私がこのレストランのファンになった一番の理由も

金額や料理などの目に見えるものではなく、

まさに目には見えない

そのスタッフの「接客」や「人柄」だったのです!

 

またあのお店に行きたい!

またあのスタッフに会いたい!と

思っていただけるような、

お客様から選んでいただける人になるためには

何が必要なのでしょうか。

 

それは、

目に見えない「無」を使いこなすことだと私は考えています。

 

この「無」について、

もう少しかみ砕いて一緒に考えていければと思います。

 

そもそも「無」とは、

「お金をかけずにできる無償の行動」です。

たとえば、

笑顔、所作、言葉遣い、受け答え、マナー(礼儀)、

情熱、謙虚さ、素直な気持ちや雰囲気など、

人としての基礎であり人間力のことをいいます。

 

この「無」の追求を

当社では感動サービスと呼んでいます。

 

いくらお金をかけて最新マシンを増やしても、

サービスの価格をお得に下げたとしても、

仮に一時的な魅力には繋がったとしても、

この「無」がなければお客様は継続的に

「また来たい」と思わないことは

簡単に想像がつきますよね。

 

 

この「無」=「人間の基礎」をきちんと習得していなければ

お客様はファンになってはくださらないということです。

 

弊社にコンサルティングのご依頼をくださる

経営者やサロンオーナー様の中にも、

価格を下げるキャンペーンのみを積極的に実施したり、

多額の集客費用はかけているのにリピーター顧客の定着や

新規顧客の集客への効果が出ないと悩んでいらっしゃる方が

大変多く見受けられます。

 

もちろん、

お金という目に見える、つまり形の存在する「有」を用いることで

効果が出ることもあります。

しかし、

この「無」という人間的基礎学やマナーを使いこなせていないと、

せっかくの「有」も結果的に、十分な効果が出せないのです。

それは、とても勿体ないことではありませんか。

 

目に見える効果である「有」を得たいなら、

まずは無償(0円)でできる「無」を使いこなせるマナーある人を

目指しましょう!

 

 

ではここで、

弊社のサロンスタッフ全員でアイディアを出しあった

「無」の感動サービスのほんの一部ご紹介させてもらいますね。

 

①おしぼりをハート型にしてお出しする

②会員カードに感謝のメッセージを添える

③ご自宅でも行っていただけるようにマッサージ動画をSNSに上げる

④マスクの下でも笑顔だとわかるくらい口角を上げる

⑤お誕生日の方にはメッセージカードをお部屋に置いておく

⑥名前を呼んで迎える(「〇〇様!お待ちしておりました!」)

⑦初めてのお客様へ、コンセプトを書いた看板を店頭に出す

⑧普段の言葉に「いつも」をつける(「いつも」ありがとうございます!)

⑨来店後翌日にご来店の感謝を伝えるメールを送る

⑩初めての方にも安心していただけるよう口コミをInstagramでご紹介する

⑪来店スタンプをハートやスマイルにする

⑫お肌や髪など美容に関わる知識をアルバムブックにまとめる

⑬ご来店の際ドアを開けてお出迎えする

⑭ボディランゲージ・ジェスチャーを使って自分の想いもわかりやすく伝える

⑮マニュアル通りではなくやってもらいたい部位をうかがい重点的にケアさせてもらう

⑯10回以上来てくださっている方へプレゼントをする

⑰お客様ご来店〇〇日記念日をつくる

⑱ご購入いただいた商品をすぐ使いたい方には梱包をはがしてお渡しする

⑲前回お話しした内容で印象に残っていることを次回も必ずお伝えする

⑳お客様からのご質問とその回答をInstagramに常時設置する

㉑お肌診断を行う

㉒自宅でも簡単にできるホームケアストレッチをお伝えする

㉓お帰りの際に一言添える(「素敵な1日をお過ごしくださいね」)

㉔次回ご来店までの二人の約束をする(次回まで毎日一緒にこのストレッチを頑張りましょう)

㉕自分が担当したお客様に他のスタッフを紹介する(安心していただく)

㉖SNSにもスタッフの紹介を載せる

㉗美化を徹底する(お店の外も清掃)

㉘待合室にスタッフのプロフィールや集合写真を用意する

㉙会員カードに施術で使用するお客様に選んで頂いたアロマの香り付ける

㉚来店期間の空いてしまった方には手書き(アナログ)ではがきをお出しする

㉛ご予約日前日にご確認のお電話を差し上げる

㉜お帰りの際お姿が見えなくなるまでお辞儀してお見送りする

㉝会員のお客様から質問の多い内容をブログのトピックにする

㉞目標達成できたお客様とハイタッチ!

㉟販売している商品の向きを揃えて店頭設置する

㊱サロンの誕生秘話とプロセスを漫画にする

㊲ご自宅ケアのアドバイス用紙をご来店毎にお渡しする

㊳ご来店前はもちろんご来店後も「お会いできるのを楽しみにしておりました」と想いをお伝えする

などなど

 

少し考えただけでも、

これだけのアイデアが生まれました!

とても誇らしく思います。

でもこの内容を見て「なんだぁ、たいしたことないサービスだなぁ」と

思った方もいらっしゃるかもしれません。

実は、この感動サービスの重要ポイントは、

無理なく楽しく継続できることです。

従って、あまりにも奇を衒った(てらった)行為は継続ができないので、

継続できる101%の期待以上のサービスの提供をすることがとても重要なのです。

 

まずは、お客様に選んで頂くために大切なことは、自分自身を変えていくことです。

いわゆる新しい機能を自分に身に付け日々自分をアップデートすること。

まずは、基礎である人間力を身に付けるために、

無償の「無」を追求してお客様にまた来たいと思っていただけるお店を

作るために、

そして、多くのお客様から選ばれる人になるために、

共に記憶に残るサービス「感動サービス」をお届けしませんか。

 

自分の周りに変化を起こしたいなら

まずは自分からですよ。

 

株式会社フューチャーブレーン

代表取締役社長/CEO

佐藤 剛 (さとう ごう)

繁盛店舗・サロンの作り方とは!拝金主義とはもうおさらば!

2021-07-13 15:34:55 | テーマ: 勝ち組サロン美容サロン経営コンサル育成

皆さん、こんにちは。

株式会社フューチャーブレーン
代表コンサルタントの佐藤剛(さとう ごう)です。

皆さんは「先義後利」という言葉をご存じでしょうか?
調べてみると、
「道義(正しい考え方)を優先させて、
自分の利益を後回しにする」
と出てきます。

実はこの考え方に、
お客様から愛される
繁盛サロンの秘密が隠されているのですね。

先日社内で行った、
お客様への接客を学ぶ勉強会にて
この話をしたところたくさんの社員から
「ハッとさせられました!」と声をもらったので、
今回は皆さんにもお伝えできたらと思います。

突然ですが、
皆さんがお客様とお話ししたり施術をしたり
お客様を担当する際、
最も意識していることは何でしょうか?

—お客様の気持ちを汲み取ること
—要望に合った提案をすること
—また来たいと思っていただけるような雰囲気や表情など

皆さんそれぞれのサロンのコンセプトもあり、
きっと三者三様の答えがあることでしょう。

私が最も大切だと思っている、
お客様を担当する側の心得というものが
先義後利」の考え方です。

では、皆さんに分かりやすいよう
例え話として以下に記載しますので、
自分がお客様になったつもりで、想像してみてください。


エステを受けに来たあなた。
初めて来るサロンでしたが
来店してみると雰囲気も良く、
エステの内容もすごく気に入りました。

ただし、過去通っていたサロンで、
押し売り・勧誘されたトラウマのような経験があり、
エステサロンに対して
少しマイナスのイメージを持っていたので、
このサロンにまた来るか、
心の中で決めかねていたとしましょう。

そんなあなたに、2名のエステティシャンが
エステプランをおすすめしてくれました。

まずはAさん。
「このお客様、必ず契約を決めたい!」と意気込みを
もって精一杯接客に入りました。
ですが、お客様にぴったりのエステコースを提案しても、
お客様はどこか決め切れない様子です。
でもAさんはこのお客様から契約のお申込みを
どうしても取りたかったので、
「このエステコースはお客様に本当にピッタリですよ。
やらないと後悔するかもしれませんよ!
絶対にやったほうがいいです!」
と猛プッシュしました。

一方、Bさん。
Aさんと同じく、
お客様のお役に立つぞ!と意気込みをもって
ベストだと思うエステコースをご提案しても、
どこか不安げな様子のお客様を見て
「何かご不安な点などございますでしょうか?
私も言葉足らずなところもあるかと思います。
お客様のお気持ちをしっかりお伺いした上で
お話ができたらと思いますので、
些細なことでも気になる点があれば
お教えいただけませんでしょうか?」と
素直な気持ちをお客様に伝えてみました。
すると、過去に他のエステサロンで
押し売り・勧誘された経験があり
その点が不安だったという
お客様の本当の気持ちや要望を聞き出すことができました。

あなたがお客様の立場だったら、
この人に任せたい、
安心してまた来ようと思える接客は、
AさんとBさんのどちらの方でしょうか?

AさんもBさんも、
意気込みを持って接客に臨んだところは共通していますが、
大きく違うところは、
先に来るのが、自分の損得なのかお客様の幸せなのか
というところです。

Aさんは、契約をとりたいという
自分の利益が先行してしまって
押し売り・勧誘が不安だという
お客様の本当の要望を聞き出せず、
むしろ結果的に押し売り・勧誘だと思わせてしまう
不快感を与える接客だったのかも知れません。

一方でBさんは、
自分の利益が1番ではなく、
まずは目の前のお客様のことを考え、
お客様の本心を教えていただいて、
幸せになっていただくことが目的になっていました。
結果的にきっとお客様はBさんに任せたいと思ったはずです。

こういったことは普段の自分を振り返ってみると、
思い当たるところがあるかも知れませんね。

ついつい自分の目先の利益が先走って、
「先義後利」ではなく
「先利後義」になってしまっていませんか?

このブログを読んでくださっているような
お仕事への熱意がある方ほど、
そんな熱意が空回りして、
実は陥りやすい盲点かもしれません。

もちろん大前提として、
お客様を接客させていただく際には、
熱意や今よりも良くなっていただきたい!という
熱い想いは当然ながら必要です。

しかし、
それがお客様のためを考えた時に
本当にお客様が望まれる伝え方をしているか
ということが大切なわけですよね。

もし、振り返ってみた時に心当たりがあるのだとしたら、
その気付きを次の成功に活かせるか活かせないかは、
本当の意味での「反省」ができるかどうかの違いだと
私は思っております。

その「反省」の本質とは、
「自責」であるか「他責」であるかだと思います。

たとえば、Bさんの接客をみたAさんが、
自分の接客はお客様の本当の要望を聞き出せていなかったのだなと
「自分の責任」として捉えらることができていれば、
それはAさんにとって、
かけがえのない成長のチャンスになるわけです。

自分ごととして捉えて、
自分の課題をひとつずつクリアして行くことができれば、
Aさんはすぐにお客様から喜ばれ
ファンができる人になることでしょう。

しかしこれを
「話をわかってくれないお客様だった」
「もともとやる気のなかったお客様だった」などと、
他責で捉えてしまった瞬間に、
この成長のチャンスは消えて無くなってしまうのですね。

私は、自分の周りで起こることの全てに
学びのチャンスが転がっていると思っています。

仮に自分が関わっていないことだったとしても、
自分ごととして捉え自責の考え方で学ぶことができれば、
自分×何十人分の他馬力の経験を学びに変えられるわけです!

こんな考え方ができれば、
無敵(SO MIGHTY!)だと思いませんか?

最短で何倍も自分のレベルを上げられる、
ある意味お得な方法で、
文字通り「徳を積める」考え方だと私は思います。

ここで弊社の社員から、
「お客様の幸せだけを考えて提案すると、
本当に伝えたいプランがあったとしても、
お客様に無理を言ってしまうのではないか?と
強気の提案ができない気がします。」
と質問がありました。

さきほどもお伝えしましたが、
お客様を担当するときの熱意は絶対に必要です!

自分の契約=利益のためではなく、
本当にお客様の健康や美のための提案であれば、
その提案には自信と誇りを持って、
気持ちを強くご提案するべきなのです。

そこで必要になってくるのは、
強気の提案を「押し売り」と感じさせず、
お客様自身に選んでいただくノウハウです。
弊社のサロンはこのノウハウのもと、
ありがたいことに17年間、
10万人以上のお客様にご愛顧いただいているブランドを
いくつも作ってきました。

ここまで読んでいただいて、
もし少しでもサロンの運営にお悩みのある
サロン経営者や幹部の方、
店長・リーダーの方は、
お気軽にお問い合わせくださいね。

美容業界全体の底上げのために、
惜しみなくこの成功ノウハウをお伝えできればと思います!

昨日より今日、今日より明日と、
1日1日を学びと成長の時間にできるよう、
皆さんの成功を願っております!

 

株式会社フューチャーブレーン

代表取締役/CEO  佐藤 剛

成功したかったら真逆です! 魅力的な人が共通して身に付けているものは?

2021-05-18 19:38:37 | テーマ: 経営経営コンサル育成

皆さん、こんにちは。
株式会社フューチャーブレーン
代表コンサルタントの佐藤剛(さとうごう)です。

今回は、お客様はもちろん、
一緒に働く先輩・後輩など
人と関わっていく中で、
魅力的な人が身につけているマナーについて
お話しさせていただきます。

皆さんは、「マナー」と聞いて
どんなことを想像しますか?

幼稚園や小学生の頃を思い返してみると、
先生に大きな声で
元気よく「はい」と挨拶をしたり、
「いただきます」「ごちそうさま」など
クラス全員で声をそろえて言っていませんでしたか?

また、大人になってからも、
名刺の渡し方などのビジネスマナーや
レストランでのテーブルマナーなど、
私たちの周りにはたくさんのマナーがあふれています。

そんなたくさんあるマナーの中でも、
魅力的な人が身につけているマナーについて
考えてみましょう。


皆さんは普段生活する中で、
「こういう人はあまり得意じゃないな」
「こんなお客様とはうまくコミュニケーションが取れなかった」
など、
苦手意識を感じる人っていませんか?

たとえば、
―聞く耳をもたない人
―愚痴ばかり言う人
―言い方がキツい人
―不愛想で反応がない人
など、
皆さんひとつは思い浮かぶのではないでしょうか?

では今度は、
この“苦手な人”の真逆、
つまり“素敵で魅力的に感じる人”は
どんな人かを考えてみましょう!

上記の苦手意識を感じる人たちの特徴を
言い換えてみると…

―聞く耳をもたない人
⇨人の話に耳を傾けられる人

―愚痴ばかり言う人
⇨不平不満を言わず感謝で溢れている人

―言い方がキツい人
⇨品があり思いやりのある人

―不愛想で反応がない人
⇨愛想が良く周りから好かれる人

いかがでしょう、
どれをとっても魅力的な人の特徴になりましたね。

このように言い換えてみると、
【苦手な人】と【魅力的な人】との
決定的な違いが見えてきます!

勘の鋭い方ならもうお分かりだと思いますが、
この違いこそが、
『マナー』がある人なのか、ない人なのかです。

では、これらのマナーを身につける、
つまり、
周りから好かれ感動される人になるためには、
どんな考え方が必要なのでしょうか。

相手から【苦手な人】と思われるのではなく
【魅力的な人】だと思われるような人になるためのコツを
もう少し詳しくお伝えしていきますね。

わかりやすく、こんなたとえ話に例えてみましょう。
ぜひ想像しながら、考えてみてくださいね。

 

あなたは、ある日雇い主から、
10万円のお給料で、
20㎏の重い荷物を背負って
富士山の頂上まで登ってほしいと頼まれました。

20㎏というと、お米2袋分、
また、7歳くらいの子供を1人、
ずっと抱えているようなイメージです。

想像しただけでもかなり大変そうでしたが、
10万円を使ってやりたいことがたくさんあったので、
あなたはこの仕事を引き受けることにしました。

いよいよ富士登山の当日。
登り始めてすぐは、
お給料を自分のために使って、
どんな美味しいご飯を食べて、
好きなものをどれだけ買おうかと想像しながら
順調に上っていましたが、

しばらくすると、
お腹もすいてきた…
荷物が重くて全身の疲労感もひどい…
急に天候も悪くなって足場も悪く大変…

こんな状況になったら、
あなたはどんな気持ちになりますか?

「こんなに大変ならもうやめたいな」
「もう荷物をおいて諦めようかな」
きっとそう感じる方が多いですよね。

そう思っていた矢先!
たまたまあなたととても仲のいい友人が、
自分の後方から同じ20㎏の荷物を背負って、
上ってくるのが見えました。

もう諦めかけていた時だったので、
あなたはとても嬉しくなって、
その友人に声をかけて、
一緒に登ろうと誘ってみることにします。

「おーい!あなたもこの大変な仕事を任されたんだね。
二人でおしゃべりなどしながら楽しく一緒に登らないかい?」

と声をかけたあなたでしたが、
友人はとても有意義な様子で、

「ごめんね!急いでいるから先に行くね!」と
とても軽い足取りで、
いそいそとあなたを追い抜いていきました。

そんな友人の軽快な足取りをみて、
『きっと私よりももっとお給料をもらえたんだな…?』
と思ったあなたは、友人に尋ねてみます。

「いったいどれだけお給料をもらえたの!?」

すると、その友人はこう答えました。

「お給料なんてもらってないよ。
実は、この荷物は全部飲み水なんだよね!
頂上で喉をからして私を待っている人がたくさんいるから
急いで届けてあげたいんだよね!」

このたとえ話を聞いてみて、
あなたとこの友人の違いは、
何だったと思いますか?

私は、この違いこそが、
【苦手と思われる人】と【魅力的と思われる人】の
考え方の違いだと思っています。

それは、
言動の軸が自分なのか、他者(相手)なのか
ということです。

自分のために山を登っていたあなたは、
大変さに耐えきれず、
途中で投げ出して諦めたくなりませんでしたか?

もしかしたら、
こんな仕事を頼むなんてひどい!と
お金をもらっているにも関わらず、
あなたの雇い主のことを、
悪く不平不満を言っていたかもしれませんよね。

一方、友人はどうでしょう?
登山のモチベーションは、
自分のためではなく、
自分以外の頂上で困っている人のためでしたよね。
だから、
早く届けてあげたいと
諦めたり投げ出すこともありませんでした。

皆さんも、
自分のためだけよりも、
家族や友人やお客様など、
大切な自分以外の誰かのためにと思ったほうが、
より一生懸命頑張れたり、
途中でやめられないと責任感が生まれたりするなど
最後まで続けられた経験はありませんか?

実は、
途中で投げ出さずに
目標を達成して成功を収めるには、
自分のためよりも、
自分以外の誰かのためと考えたほうが、
実は数倍も何倍もラクなのです!

自分のために頑張ったほうが
上手くいくと思われがちですが、
実は成功の秘訣は、真逆なのですね。

そう、成功したかったら、
真逆の思考のことが多いですね。

成功者が少ない理由はそこにあります。

皆さんのまわりには、
魅力的な『マナー』の達人はいますか?

思い浮かんだその方のことを、
一度じっくり観察してみてください。
きっとその方の言葉や行動は、
“自分目線”ではなく
“相手目線”にあふれていると思います。

私自身も、相手にされて不快に感じることを、
自分がしていないだろうかと、
いつも俯瞰的に見ることを意識しています。

そして、
学ぶは真似ぶ(まなぶはまねぶ)です!
いわゆる「学ぶは真似る」です。
ぜひ、身近にいる「マナー」の達人の真似をして、
誰かのために行動できる
魅力的なマナーの達人を共に目指しませんか?

誰もが憧れる素敵な紳士・淑女を目指して。

FEEL THE FUTURE!

FEEL THE FUTURE BRAIN!


(当社社員もマナーの達人を目指しています!)

株式会社フューチャーブレーン

代表取締役/CEO  佐藤 剛

理想の店舗やサロンを実現する【戦略】と【戦術】の違いとは

2021-04-14 12:20:36 | テーマ: 2021年コンサルティング勝ち組サロン経営経営コンサル美容サロン経営コンサル育成

皆さん、こんにちは。
株式会社フューチャーブレーン
代表コンサルタントの佐藤剛(さとうごう)です。

先日、サロン経営者様からこんなご質問をいただきました。

― やるべき仕事はやっているはずなのになかなか成果が出ない
― 部下や後輩のモチベーション管理が難しい
― いかに仕事を楽しく部下に継続してもらえるか
― どうやったらサロンを安定成長させられるのか

このブログを読んでいただいているような
向上心あふれる店舗経営者である皆さんであれば、
一度は経験したことのある悩みなのではないでしょうか?

一見、原因が様々ありそうなこれらの悩みですが、
実は“ある考え方”が不足していると
このような問題が起きやすいのです。

今回は、理想のサロンづくりを叶えることができる
【戦略】と【戦術】の考え方をお話しできればと思います。


皆さんは戦略・戦術と聞いて、どんなことを思い浮べるでしょうか?
ちょっと難しく感じるかもしれませんね。

そこで、わかりやすくこんなたとえ話で考えてみましょう。

隣の街との境をつくるためというビジョンのために
集められた人が2人いたとします。

2人に「何をしているの?」と尋ねてみると、
Aさんは「レンガを積んでいます」と答え、
Bさんは「街の境をつくるために大きな壁をつくっています」と答えてくれました。

Aさんは、ただレンガを積むことだけを考えていて、
Bさんは、街を区切る大きな壁をつくるという本来のビジョン・目的を
しっかり意識しているのがわかりますね。

2人の壁が完成したとき、
AさんとBさんとでは、
どちらがより立派な壁をつくっていると思いますか?

Aさんの考え方では、
目的が目の前のレンガを積み上げることになってしまっているので、
もしかすると出来上がった壁は、
壁としての役目を果たせないかもしれません。

一方、Bさんの考え方は、
目的をしっかり意識できているので、
より強度の強いレンガを厳選して使ったり、
レンガを積み上げるときのバランスや積み上げ方の丁寧さに差が出てきそうですよね。

 

このように、
『街との境をつくる』という最も大きな理想=【ビジョン】であり、

『壁をつくるため』というような、
ビジョンを叶えるために必要な目標・目的=【戦略(考え方)】であり、

『使用するレンガを厳選したり、積み重ね方を工夫する』など、
その戦略のためにどんなことができるのか=【戦術(やり方)】なのです。

いちばん大きな未来の目標であるビジョンを
まずは明確にして意識できるかが、
成功するかしないかの大きな分かれ道だと私は思っています。

そして、もっと重要なのは、
この【戦略】と【戦術】が
どちらかに偏ってしまってはいけないということです。

戦術=方法論的思考、
つまりやり方ばかりに偏ってしまっては、
先ほどの、サロン経営者様のお悩みのように、
一生懸命に仕事に取り組んでいるのに報われなかったり
お客様に喜んでいただくという目的が抜けてしまって
ただ“接客する“になってしまいかねません。

また、戦略自体をサロン全体でしっかり共有できていなければ、
そこから立てる戦術もばらばらになってしまい、
チームワークが無くなってしまうことも想像できますよね。

 

最後に皆さんに質問があります。
「あなたのサロンの目指すビジョンは何ですか?」

お客様と地域に愛されるお店にしたい
時代に合わせて変化し長く続くサロンが夢
お客様にまた来たいと思ってもらえるような空間をつくりたい

など…
皆さんきっと三者三様の素敵なビジョンがあるかと思います。

では、その大切なビジョンを、
お店のスタッフ全員で共通して目指せているでしょうか?

皆で目指す【ビジョン】が明確になったら、
そこから【戦略】を立てて
さらにそこから逆算して必要な【戦術】を実行する―

 

課題や問題に対峙するときこそ、成長のチャンスです!

昨日より今日、今日より明日、
理想のサロンが夢から現実になる日まで、
私たちは全力で応援します!

(弊社社員も同じビジョンの元に日々精進しています!)

 

株式会社フューチャーブレーン
代表取締役社長/CEO
佐藤 剛 (さとうごう)

2021年入社式!8期生ドリームチーム誕生!

2021-04-12 16:38:11 | テーマ: 2021年入社式新卒採用社内イベント

皆さん、こんにちは。
株式会社フューチャーブレーン
代表コンサルタントの佐藤剛(さとうごう)です。

今年も4月になり、数百名の応募の中から
数々の選考を乗り越え内定した新入社員を
新たに迎えることができました。

 

 

未曾有のコロナ禍の中での就職活動には、
不安もあったことでしょう。

困難を乗り越え、
新たなステージに立つ皆さんの姿はとても立派です!

ぜひ自信をもって、
様々なことにチャレンジしてみてくださいね。

そんな新入社員の皆様に、
今年は「未来をイメージする力の大切さ」
お伝えさせて頂きました。

社員は大きく2つに分けられます。
「なりゆき社員」か、「ヴィジョン目標型社員」です。

「なりゆき社員」とは、
時間を切り売りして給料をもらうような人のことで
そこに自分の能力はほとんど関係ありません。
今の目の前のことにのみ励む労働スタイルです。

それに反して「ヴィジョン目標型社員」とは、
想像力をもって、今どのような判断や行動をすれば、
未来の理想の自分を実現できるのか
考えながら取り組む仕事スタイルです。

まさに当社の社名でもある
「Future(未来)をBrain(考える)」ですね。

なぜ新入社員でそれを理解する必要があるのでしょうか。

 

 

学生から社会人になり、
常識が全く違う環境に身を置くことになると、
最初は課題や障害ばかりです。

当たり前なことですが、
わからないことだらけで、できないことだらけです。

だからこそ、研修やOJTで学んでもらうのですが、
もちろん簡単なことばかりではないでしょう。

どうしてこれをしなければならないのか。
果たして自分にもできるようになるのか。

毎日、このような不安や迷いに襲われることが予測されます。

そのときに!
先ほどの「なりゆき社員」は、どうでしょうか?

目の前のことが辛いから、しんどいから辞めようかな。
なぜ自分がこんなことをしなければならないのか。
自分のしたいことではなかった。
などなどの言い訳を引き起こし早期離職になってしまう場合も。

それは、なぜか?
今を点でしかとらえられずに、嫌な部分だけが自分に襲いかかり
結果として、逃げる選択をとらざるを得ない状況を引き起こします。

しかし、「ヴィジョン目標型社員」であれば違います。

自分の夢や理想に向け、
今の困難と障害を学びに変え未来へとつなげて考えることができるので、
逃げることなく容易に乗り越えることができる訳です。

そうすることで、一つずつできることが増え能力アップし、
さらにそれが自信につながり、次の成長へと変わる。

そのステップを踏み、自分の蓄積に変えることで
自分の理想へと確実に近づくことができます。

新入社員の段階から、この考えを理解しておけば、
早期から素敵なビジネスマンやビジネスウーマンに
なれる日も近いでしょう!

若手社員が活躍することで、先輩社員も触発され、
会社全体の士気向上につながります。

ぜひ自分の能力を信じて、
諦めずに挑戦を続けてくださいね。

新しいことに挑戦できてこそ、
必ずしや成長に繋げることができます。

21年卒の皆さんを、心から応援しています!

 

FEEL THE CHALLENGE!

FEEL THE FUTURE!

FEEL THE FUTURE BRAIN!

 

株式会社フューチャーブレーン
代表取締役社長/CEO
佐藤 剛 (さとう ごう)

マイナスの愛情表現って何?

2021-03-22 19:12:06 | テーマ: 2021年感動プロデュース

皆さん、こんにちは。
株式会社フューチャーブレーン
代表コンサルタントの佐藤剛(さとうごう)です。

 

暖かな日差しに春の訪れを感じる今日この頃、
いかがお過ごしでしょうか。

 

 

さて、当社の経営理念でもある
「私たちの愛が想像力を生み出し感動をつくる」
について、今回は、

「私たちの愛」の表現方法について

少しばかりお話しをさせていただきたいと思います。

 

ものごとには、なんでもメリットとデメリットの
両局面が必ず存在します。

 

属に言う、「諸刃の剣:もろはのつるぎ」です。

 

そこで、皆さんに考えていただきたいのですが、

 

ビジネスや営業、セールスなどにおいて、
良いこと(メリット)しか言わない人って怪しいとは思いませんか。

 

詐欺などの上手い話や手口も、
まさに魅力的ないい話しかしないと思います。

 

「旨いことは二度考えよ」

 

美味しい話には裏があったり危険が伴うことがあるので
すぐに飛びつかないようにじっくり考えた方が良い
といった諺(ことわざ)があるように

 

世の中に、そんな美味しい話はないと思います。

 

また、お客様にしても、
プッシュ型の営業やセールスには飽き飽き
しているからこそ、
口コミやSNSが台頭しているわけですよね!
もしかしたら、皆さんも思いあたる節はないですか。

 

そう考えると、お客様や上司・同僚・部下に

「あなたは信頼できる!」
「あなたに任せたい!」

と相手に思ってもらうためには、

メリットも、デメリットも同時に伝えられる人に
なれた方が良いということです。

 

 

でも、実際には簡単そうに見えて難しいことかもしれません。

 

メリット(良いこと)=プラスの愛情表現

 

デメリット(良くないこと)=マイナスの愛情表現

 

そこで、
マイナスの愛情表現ができる人とは?

 

・・・相手のことを考え、
自分にとって言いにくいことが言える人!

 

それには、自分の都合よりも相手が良くなって欲しい
という思いが強くないと言えないですよね。

 

「これを言ったら自分が嫌われてしまうかもしれない・・・」
などと思ってしまい、
相手にとって学びや成長につながるかもしれないのに、
言えずじまいで終わってしまったなど・・・
そういった経験のある方が多いのではないでしょうか。

 

特に日本人には苦手なことかもしれませんが、
いざという時にはマイナスの愛情表現も必要だということです。

 

当社の経営理念に基づき、
感謝と感動を判断軸にして、
表面的な接し方ではなく、相手と心つながる本質的な接し方を
お伝えしています。

 

私たちと共に、常に相手のことを一番に思い、
プラスな愛情表現だけでなく、マイナスの愛情表現もできるような
勇気ある魅力的な人を目指していきませんか。

 

COURAGE!勇気!

GRIT!度胸!

CHALLENGE!挑戦!

FUTURE BRAIN!明るい未来のために!

株式会社フューチャーブレーン
代表取締役社長/CEO
佐藤 剛 (さとうごう)

三匹のコブタから学ぶ究極のチームワーク

2021-03-15 17:05:13 | テーマ: 2021年経営コンサル育成

皆さん、こんにちは。
フューチャーブレーン代表コンサルタントの
佐藤剛(さとうごう)です。

緊急事態宣言が延期され、
まだまだ油断の絶えない日々が続きますが、
皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

こんなときだからこそ、
わざわざご来店頂けるお客様には、
最大限の感動サービスで幸せをお届けしたいですよね。

さて、サロン運営をしていく中で、
多くのサロンオーナー様や店長が悩まれる課題の一つとして、
人材育成やチームワークにおける人間関係が挙げられます。

特に理・美容室やエステサロンだと、
普通、指名制度や担当制があることで、
どうしても個が強くなり、
お客様の取り合い、奪い合いにつながったり、
一緒に働く仲間のことを考えられていない
行動をとってしまうようなことが多々あるようです。
そういった事情から職場の雰囲気があまり良くないといった
ご相談をサロン経営者から多くお聞きします。

どうしたら、そのような課題を根本から
解決できるのでしょうか?

もちろん、健全な人間関係を築こうとすると、
時にはぶつかり合うこともあります。

それは言いたいことや我がまま、
また単なる自分の主張をするということではなく
問題を前向きに解決することが前提で、
勇気を持って、言いにくいことも言わなければならない
場合があるということです。
というかお互い高め合う上で必要なことです。

そこで、変な保身があり、
上っ面な表面的関係のままだけでいると
何も解決しないことになるでしょう。

問題の解決
=できないことができるようになる
=成長と考えると、
成長には「勇気」が必要不可欠になるわけです。

よく理想の自分は?と聞くと
・頼られる人=幸せ
・必要とされる人=幸せ
・信頼される人=幸せ
になりたいです!仰る方が大変多いのですが、
本当にそのような人になりたいのであれば、
現状に満足せず、高い目標をもって
行動されていますでしょうか。

実は、皆が簡単と思っていることほど
難しいものだと私は思っております。
常にもう一つ高い山に登りたいと思い
自分自身という個を磨く必要が出てくる訳です。

自分の成長がサロンのチームワークや
会社の成長につながることと考えると、
個人が常に向上心高く努力続けることと、
同時に必要になってくるのが、
目指すビジョンの共有や、クレドなどの共通言語です。

勝ち組サロンの条件とは、
=「共通認識」のレベルの高さ
=「共通言語」のレベルの高さ
=おもてなしのチームワークの高さ
これが重要なのです。

=チームワークの良さ
=同僚・仲間・先輩・サロンを大切にできる
=良い雰囲気・楽しい環境・風通しの良い環境
=仲間への愛をお客様への愛へ
=本物のサロン
に繋がります。

そのための、三箇条!
①お客様に可愛がってもらう
②先輩に可愛がってもらう
③後輩にまで可愛がってもらう
=どんな人でも上手く付き合える人

皆さんが日々積み重ねている
コミュニケーション能力や
高い接客力は、
お客様のためだけのものではないのです。

一緒に働く先輩や後輩にまで、
可愛がってもらえるような人になることで、
初めて本物のサロンに近づけるのではないでしょうか。

またこのための努力として、
どうしても今の大変さから目を背け、
自分と向き合うことなく
努力の先送りをしている方はいませんか。

それではいつまで経っても、
現状は何も変わりません!
自分の理想にも近づくことはありません!

ここで童話「三匹のコブタ」を思い出してみてください。

みなさんよくご存知な話だと思いますが、
親元を離れ、自分の家を建てることになった三兄弟、
長男はワラの家を
次男は木の家を
三男はレンガの家を建てました。

そこにオオカミがやってきて、
長男と次男の家は瞬く間に壊されてしまいましたが、
三男は頑丈な家を建てていたので、
安全でした。

ここから何を学べるでしょうか。

何ごとにおいても最初は大変で、
楽して手抜きすることや手早く仕上げるよりも
勤勉に時間・手間をかけた人間の方が
のちに大きな結果を残せて頂点に立てたり
より幸せになれるという教訓かと
思います。

例えば、レンガの家を建てた三男の
子豚のように、
未来こんなことが起こるかもしれない。
と想定して、できる限り事前に対策を
打つことで、結果として報われることになります。

今の努力に対して、
目の前の辛さだけを見る狭い視野で
判断するのではなく、
しっかりとゴールとヴィジョンを見据え、
そこまでのイメージを膨らませることで、
今何が必要なのか見えてくるはずです。

ぜひ、自分のためにもその努力を怠らず、
よりハッピーな明るい未来を実現するために
共に諦めず、自分の可能性を信じてみませんか。

その自分の成長こそが、
皆さんが理想とする雰囲気の良い職場環境を
創り出すこともできます。

起きたことは全て自分ごととして捉える、
いわゆる他責ではなく自責で捉え
今のこの瞬間から良き行動に変えることで
自分達が理想とする夢や目標を実現させていきましょう。

BELIEVE IN THE FUTURE!

BELIEVE IN YOUR FUTURE!

FUTURE BRAIN!

 

株式会社フューチャーブレーン
代表取締役社長/CEO
佐藤 剛 (さとうごう)

全ては「好き」から始まる!「好き」を集める!

2021-02-16 17:38:36 | テーマ: 2021年感動プロデュース研修

皆さん、こんにちは。

株式会社フューチャーブレーン

代表取締役社長の佐藤剛(さとうごう)です。

 

さて、

皆さん、仕事はお好きですか?

 

このブログを読んでくださっている方々は、

向上心高く仕事に取り組まれている方が多いと思いますが、

世間一般論で考えたとき、

即答で「はい!」と答える方は多くはないでしょう。

 

どうしても労働という概念で

仕事は大変だ。つらい。できればやりたくない!

と考える方が多いかと思います。

 

そんなときに私はよく「何事も楽しむことが大切」「はまったもの勝ち」と

伝えてきたのですが、

それでは本質を伝えることができていなかったように思います。

 

面白いと思えないことを無理やり楽しむのではなく、

楽しいと思えるように知恵を絞り工夫することが大切なのです。

 

例えば、掃除をするとします。

なかなか腰が重くやる気にならない掃除を、

少しでも楽しめるように、

好きな音楽をかけながら取り組んでみたり、

何分までにここをキレイにする!とゲーム感覚で取り組んでみたりと…

 

ただその行動をするよりも、

自分の工夫一つで、何倍も楽しくすることができますよね。

 

ただその工夫が難しい、思いつかない。

そんなこともあると思います。

 

 

特に、次の4月に入社する新入社員は、

社会や会社に慣れることが精一杯で

仕事を楽しむ工夫を考えつかないという状態に

陥りやすいのではないでしょうか?

 

そんなときに大切になってくるのが

「好き」という感情です。

 

先輩がどれだけこの仕事が好きなのか、

どうしてこの仕事を頑張っているのか。など

こんなポイントを知ることができれば、

楽しむ工夫がわかってくるのではないでしょうか?

 

そこで、サロンで頑張っている社員に、

この会社・サロンの好きなところを

教えてもらいました!

 

それが、こちらです!

〈関東社員〉

1.家族のような関係
2.なんでも相談できる
3.プライベートなことまで話せる
4.お客様からたくさんの経験を学べる
5.尊敬できる先輩がたくさんいる
6.お客様からも感謝される
7.些細なことでも感謝しあえる環境
8.目標を持っている方ばかり
9.頑張ろうと思える仲間がいる
10.近い距離で教えてくれる社長がいる
11.勉強の場がたくさんある
12.自分の理想を描くことができる
13.一生ものの技術が学べる
14.褒めてくれる
15.熱意・情熱がある
16.信じて任せてもらえる
17.みんな成長思考がある
18.言い合える仲間がいる
19.ポジティブで前向きな人が多い
20.誰にでもお願いしやすい
21.人の可能性を伸ばしてくれる
22.温かい環境
23.自分の可能性を信じてくれる
24.信頼できる先輩がいる
25.自分のことが好きな人が多い(良い意味で)
26.他ではない考え方が学べる
27.お母さん制度があるので安心できる
28.どんな人にも可能性・チャンスがある
29.限界を感じない(明るい未来を感じる)
30.威張る人がいない
31.口コミでよいお客様がお越しくださる
32.サポートしあえるチームワークがある
33.うまくいかないことを正直に悔しいと思える環境
34.本質的なことまで考えられる
35.考え方が変わった
36.お昼ご飯が食べられる(休憩)
37.休みが取れる
38.個人を大切にしてくれる
39.プロセスまで見てくれる
40.評価制度がしっかりしている
41.優良顧客が多い
42.質問に対してすぐに答えてもらえる
43.常に見てもらえている実感がある
44.物事に対してなぜ?と考える目的思考が身についた
45.普段会えないような方と出会える(芸能人や著名人までも)
46.生きていく上での考え方・行動を学べる
47.お客様に自信を持っておすすめできる商品がある
48.モチベーションが維持できる環境
49.役割分担がしっかりしているので安心して働ける
50.良いライバル関係の築ける仲間
51.スタッフルームで情報が飛び交うくらいお客様のことが大好きな環境
52.困っている人がいたらすぐに助けてくれる
53.自分のこと以上に自分のことを考えてくれる先輩がいる
54.会社のビジョンが素敵
55.モチベーションが社内にある
56.せこい人がいない
57.価値観の合う仲間がいる
58.できないことを責めるのではなく次に活かす
59.チャレンジすることを応援してもらえる
60.有給や育休・産休までとれる
61.人間力の高い人が多い
62.立地の良さ
63.非日常的な空間
64.自慢できることがたくさんある
65.出勤するのが楽しい
66.素直でかわいい人が多い
67.自分のハンデを踏まえて成長できる環境を整えてくれる
68.家族や友人に自慢できる
69.改善進化し続けている
70.常に課題がありそれを楽しめる
71.府に落ちるアドバイスをもらえる
72.長所と短所に向き合ってもらえる
73.自分の短所を素直に変えようと思える
74.入社直後から誰もが活躍できる環境がある(表彰制度など)
75.些細な日常の良さを見てもらえる
76.裏表のない人が多い
77.良き未来に対する本当のやさしさが学べる
78.目に見えないところを認めてもらえる
79.お客様の声を活かして会社を改善させている
80.自分の意見を尊重してもらえる
81.会社のブランドが好き
82.「おかげ様」という感謝が芽生える
83.成功体験をシェアできる
84.メリハリのある
85.長く働くことがイメージしやすい
86.ファッションや美容を楽しんでいる人が多い
87.自分を振り返るタイミングを与えてもらえる
88.やらされ仕事がない
89.お客様のニーズに応えられる事業がある
90.働いている人たちの人当たりの良さ
91.見た目も中身も美男美女ばかり
92.毎日心から笑える
93.日々スピード感がある
94.後悔を感じさせない
95.楽しくトライできる
96.活躍しているママも多い
97.現状に満足せず改善進化できる
98.社長に愛がある
99.世界に向けたビジョンがある
100.自分の明るい未来を見ることができる

 

〈関西社員〉

※関東と重複する内容は一部省略させていただきますが、

関西でも45もの会社・サロンの好きなところを教えてくれました!

1.お客様のことを愛せるスタッフばかり
2.スタッフのファーストネームで呼べるフレンドリーな人間関係
3.自分の頑張りたいことを応援してくれる先輩がいる
4.全員が試行錯誤を繰り返して工夫しながら楽しく仕事ができる環境
5.利他の心があり、表面的なアドバイスではなく本当に必要としていたアドバイスをくれる
6.チームワークを大切にしていて社員同士に協力体制がある
7.沢山イベントやキャンペーンがあってただこなすのではなく、毎回新鮮な気持ちで取り組める
8.不安がないよう手間をかけてくれる
9.社員全員が自己成長のため切磋琢磨する環境がある
10.毎月、技術統一会があるので技術力を向上できる
11.小さなことにも気をつかってくれる
12.高い志があるスタッフが集まっているから、お客様へオーダーメイドな提案ができる
13.それぞれ個性があって、尊重してくれる
14.人間は完璧ではないと理解してくれるので、弱点をサポートしあえる環境がある
15.店舗や店舗スタッフをサポートしてくれる本部社員がいる
16.技術・商品が同じではなく、時代にあわせて改善進化している
17.単なるやさしさだけではなく、お互いのことを思った愛のある指摘をしてくれる
18.サンクスギビング制度でお世話になった人、感謝を言葉として伝えられる機会が毎月ある
19.お客様第一主義を大切にしているから押し売り・勧誘がない
20.お客様からいただく口コミの評価を高いので安心して接客できる
21.周年パーティーでお客様とよく仲良くなれる
22.痛みなくムリなく効果がでる技術力がある
23.お客様にあった多種多彩なメニューがあるため技術力を向上できる
24.単なるセールスではなく、お客様のご要望を教えてもらえるカウンセリングを学べるのでコミュニケーション能力が高められる
25.姉妹店舗との交流があるので自分が知らない情報や価値観などを教えてもらえるからより成長することができる
26.会社の夢目標が明確にあるので、迷うことなくモチベーション高く仕事に取り組める
27.社員の思いを叶えてくれる環境があるので頑張れる
28.お客様からいただいたアンケートのフィードバックがあるので、反省する機会がしっかりあり、改善進化することができる
29.スタッフが自社製品の愛用者なので自信を持って提案できる
30.朝礼・終礼で目標・振り返り機会があり改善進化できる
31.自分で設定した目標に対して共有を場があるから、数字に対しての意識が強くなれる
32.社長が情熱的に社員を引っ張っている
33.HPがお客様を考えて作られている
34.人の役に立とうとするスタッフであふれている
35.お客様が心から喜んでくれる接客ができるからやりがいがある
36.日々考えられる能力がつく
37.美化・美意識が高い
38.社員へのねぎらいと団結力を高める決起会という懇親会がある
39.成果を出す技術が学べる
40.どんな人でも可能性を見出してくれる
41.社長が尊敬できる
42.理想を追求できる
43.上司・部下といった上下関係なくお互い学び、教えあう環境がある
44.結果だけではなくプロセスを大事にしてくれる
45.仕事の業務だけではなく、人間力を高める環境がある

 

なんと、こんなにも好きなところが上がってきました。

 

関西でも45もの好きなところが上がっており、

計145もの声を聞くことでき、社員全員に感謝しかありません。

(少し重複している表現もあるかと思いますが、

社員からの声をそのまま記載させていただきました)

 

美容業とは、人の幸せや夢・理想を作ることができる

とても価値の高いお仕事です。

それなのに、そこで働く人が幸せでなくてよいことなどありません。

 

そして、決して明るいと言えない現状に

一人の工夫で笑顔を届けることができる

素晴らしくヤリガイのある仕事なのです。

 

このような想いを後輩に伝えることで、

楽しく工夫できるアイデアを

皆で考えていけるようなサロンになることを心より願っております。

 

「どうしたら楽しめるか工夫し成長する銀座店の社員と!」

 

 

楽しむためには、

まずは、好きを集めよう!

 

Collect your favorite!

 

Get a bright FUTURE!

 

Get a bright FUTURE BRAIN!

 

株式会社フューチャーブレーン

代表取締役社長/CEO

佐藤 剛 (さとう ごう)

「心にもプレゼントを!2021年を乗り越えるためにも」

2021-01-18 12:40:01 | テーマ: 2021年研修経営

皆さん、こんにちは。

株式会社フューチャーブレーン

代表コンサルタントの佐藤剛(さとうごう)です。

 

新年あけましておめでとうございます。

昨年は未曾有の出来事が続き、

心苦しむ方も多かったことと思います。

 

まだまだ油断のできない日々が続きますが、

こちらのブログを読んで頂くことで、

微力ながら明日の活力につなげていただけるような情報を

発信していきたいと思います。

本年も、引き続き宜しくお願い申し上げます。

 

年末年始は、自粛期間ということもあり、

ご自宅でゆっくり過ごされた方が多いのではないでしょうか?

 

私も家族と過ごす中で、

ある師匠からこのような言葉を教えてもらいました。

 

「紅炉上一点の雪(こうろじょういってんのゆき)」

 

 

こちらの言葉をご存知な方はいらっしゃいますか。

私は恥ずかしながら初めて聞いたのですが、

その話がとても勉強になりましたので、

こちらでシェアさせていただきたいと思います。

 

言葉の意味と致しましては、

紅炉の上に置いた雪がたちまちとけてしまうように、

私欲や迷い、不安などがすっかりとけてしまうこと。

※辞書より引用

 

煌々と燃える暖炉の上に雪が舞い落ちても

すぐに溶けて蒸発してしまう光景は想像できると思います。

これが、もし「冷えた」暖炉の上に

小さな雪が落ちた場合はどうでしょうか。

小さな一片の雪でも溶けずに「冷えた」暖炉の上に残ります。

さらに雪が降ってきますと、

その雪は暖炉の上に残ったまま積もっていくことでしょう。

 

昨今、なんとなくの不安感が続く人が多いようです。

「その不安が何か?具体的に言ってみて!」と言われましても、

生活や仕事の全てというか

やはり「何となく不安」だとしか言えないものです。

こういう気持ちの中で暮らしている人が多いのではないでしょうか。

 

そこで、こちらを自分に置き換えてみてください。

 

暖炉の中の炎を心が燃えている状態と考えたとき、

舞い落ちてくる雪を

「不安」や「悩み」に例えるといかがでしょうか。

 

心の炎がメラメラと熱量高く燃えている

「酸化燃焼」状態であれば、

ちょっとした不安や悩みはすぐに消えてしまいます。

 

逆に、暖炉の炎が消えかけ、

冷めてくすぶっている「炭化燃焼」状態では

いかがでしょうか。

 

その不安や悩みはどんどん暖炉の上に積もっていくでしょう。

 

この現象と同じように、自分の心が冷えていると、

小さな不安や悩みでもそのままいつまでも心に残ったままでは、

心も重くなっていきます。

さらに違う悩みができれば、

前の悩みと共にどんどん冷えた心に溜まっていくことでしょう。

これではいつまでたっても心は晴れずに、

何となくの悩みが続いてしまいます。

 

では、いったいどうすれば良いのでしょうか。

自分の心が常に一生懸命になり燃えていると、小さな悩みが来ても

忙しくてそれどころではない!と一蹴りできます。

 

さらに悩みがきても、「負けてたまるか!」という気持ちになり

乗り越えることができるのです。

 

つまり、

光や熱を発しながら激しく燃える「酸化燃焼」の状態と、

熱量が不足した「炭化燃焼」の状態であれば、

圧倒的に、酸化燃焼の状態でいる方が、

迷いや悩みがなく物事を前向きに進めることができる

ということになります。

 

皆さんも思い当たる経験があるのではないでしょうか。

 

ここまではご理解いただけると思います。

では、ここで問題や課題になってくることとは。

 

それは、

暖炉に燃え続けてもらうこと

「酸化燃焼」の継続が難しいことと同様に、

人の心も燃え続けさせることが難しいのです。

 

 

「三日坊主」なんて言葉があるように、

人間の怠惰な部分が露呈してしまうことは日常茶飯事です。

 

では、どうすれば、最初のやる気を

継続させることができるのでしょうか?

 

それには2つのポイントがあります。

 

  • 現状に満足せず高い目標を持つこと
  • 新しいことへ挑戦すること(長所を伸ばす)

 

人間は継続することが難しいからこそ、

現在よりも未来を良くしていくことを

見据える必要があります。

いわゆる今に満足していることで、

心がどんどん冷え切ってしまいます。

そして、冷えた心には、どんな素晴らしい言葉も響かなくなります。

 

そこで、冷えた心にプレゼントをしていくことを

提案させてもらいたいです。

 

冷え始めた暖炉、いわゆる冷えた心に

酸素を取り込むような助け舟を出してくれるプレゼントこそが、

行動指針やクレドと呼ばれる経営理念、

いわゆる企業の情熱です。

 

挑戦し迷ったときこそ、この原点を大切にしていくことです。

 

もし、病気で寝ていましても、

心に燃える情熱があれば大丈夫です。

心の炎は、生命力を高めてくれるかと思います。

そして、相手への思いやり、愛、感謝は

自分の悩みを溶かすことができます。

もし、冷えた心になっていれば、

自分が病み出すことにも注意して下さいね。

 

そして、

誰かの助けを借りて酸素を取り込める

「他燃性」の人のように、

周囲の人の力を借りて情熱を持ち続けられる人から、

やがて自分自ら酸素を取り込めるような

「自然性」の人を目指せるとよいでしょう。

 

今年の2021年は「辛丑(かのとうし)」といい、

古き痛みと新たな芽吹きが共存するような年だそうです。

 

コロナ禍においても、情熱を持ち続け、

新たな挑戦に励みましょう!

 

心にも熱量が大切だとご理解頂けますと幸いです。

 

今年も宜しくお願い致します。

 

株式会社フューチャーブレーン

代表取締役社長/CEO

佐藤 剛 (さとう ごう)

広告費半分で3倍売り上げUP! 自分らしくエステサロン経営を成功させるオキテとは?