ページ
トップ

明日へのエステ経営に役立つ無料WEBマガジン

第三期 ドリームチーム[DON`T STOP BELIEVIN]発足!

2015-10-09 12:35:59 | テーマ: その他

10月1日に、2016年度入社の新卒第3期生の
内定式をフューチャーブレーン本社で行いました。

グラフィックス1

来春からフューチャーブレーンの
新たな仲間になってくれるのは
4名の学生です。内定式では各自の今後の抱負や
意気込みを話してもらいました。

第3期生の4人は、今年4月からインターンを経験し、
すでにフューチャーブレーンの仲間として少しづつ
仕事の経験をしているだけあり、
おのおのの抱負や、今後フューチャーブレーンの
一員として実現していきたい
ことを堂々を発表してくれました。
まだ学生ながらすでに
フューチャーブレインズムを体得している、
さすがフューチャーブレーンっ子!
喝采を送りたくなうような、堂々とした挨拶でした。

まだ学生ながら、フレッシュさとともに社会人
としての自分、フューチャーブレーンの一員として、
会社の発展と自分自身の成長について、
想いを描く彼らに私自身も全力でサポート
していこうと気持ちを引き締めるとともに、
自分自身も若い彼らから学ぶ謙虚さを
忘れずにいきたいと改めて感じいりました。
頼もしい4人に大きな期待を寄せています。

彼らにも、入社をする前からどんどん勉強してもらい、
社会人として、またフューチャーブレーンの一員として、
今からしっかりとスキルアップを図ってもらいます。
半年後の4月には、今よりも成長した彼らと
仕事を開始することが本当に楽しみです。
フューチャーブレーンの社員は
「常に今の自分より高みの成長を目指す」
良い意味で貪欲な集団です。
4人には先輩に負けないよう、
また周りの友人達に負けないようスピード感を
意識したうえで、スピードとクォリティを
両立したいい仕事をしてもらいたいと思います。

また、内定式後は、「社長塾」を開催しました。

今回の社長塾の題材は
「ジャーニー~ドント・ストップ・ビリーヴィン~」

グラフィックス2

これは、2013年に結成40年を迎えた
アメリカの人気ロックバンド、ジャーニーが
新生ジャーニーとして生まれ変わる、
その軌跡をおったドキュメンタリー映画です。
新ボーカルを探していたメンバーが、
Youtubeでジャーニーのナンバーを歌う
無名のフィリピン人シンガー、アーネル・ピネダ
の映像を見つけるところから物語は動き出します。
アーネルは歌うことを教えてくれた最愛の母の死、
一家離散、2年間の路上生活などを経験しながら、
人生のすべてを歌に賭け、計り知れない苦労の末、
アメリカン・ドリームを手にしました。

グラフィックス4

外国人の英語も話せるか分からない
アーネルを受け入れたメンバーが
信じあう事でチームでのジャーニー
の成長・成功を導きました。

アーネルはジャーニーの一員になっても、
決して驕る事なく常に謙虚な姿勢で
前向きに自分の出来る事に取り組んでいました。
そんな彼だからこそ国籍も超え、メンバー、
そしてファンからも信頼されるようになったのでしょう。

グラフィックス3

私はこのジャーニーのドキュメンタリーが大好きです。
組織の成功の実現のための全てが描かれた一本です。
社会でも個人プレーの選手は成長には限界があります。
個人として仕事への情熱とプライドを持った上で、
協調性を持ち、お互いを信じあえる関係を築けるチームこそ
大きな成功を収めることができる
チームプレーの大切さを学んで欲しくて
今回はこの映画を題材にしました。

ジャーニーのメンバーの年齢は、
ボーカルのアーネルは、48歳
ギターのニールは、61歳、
ベースのロスは、66歳、
キーボードのジョナサンは、60歳、
ドラムのディーンは、60歳。

なんと、かなりの年齢!です。
しかし、年齢関係なく、目標を持って本気で
突っ走るのが、かっこいい!
こういう人間の熱い生き様が、かっこいいと思います。
まさにジャーニーの名曲[DON’T STOP BELIEVIN]が体現する、
「自分の人生をあきらめない!」という
情熱あふれるテーマには、私の魂が揺すぶられ続けます。

また、4人にはアーネルのような
謙虚で前向きな姿勢を忘れず、
常に情熱と目標を持ち輝き続けて欲しいです。
そのためには、私だけでなく
フューチャーブレーンの社員が一丸と
なって応援していきます。

フューチャーブレーンはチャレンジングで
あることを良しとする会社です。
なので、失敗は成功の元と考えて、
失敗を恐れて足踏みするよりも、
その先の成功を見据えて
常にチャンレンジをしていって欲しいと思います。
これから毎月開催される社長塾で、
4人の新人にもフューチャーブレーンの
価値観を共有していき、
4月からは社会人プロ1年生として
活躍してくれることを期待しています!

グラフィックス5

DON’T STOP BELIEVIN!!!!

株式会社フューチャーブレーン
代表取締役社長
佐藤剛

 

 

日本テレビ人気番組「ぐるナイ」にメンズ脱毛専門店、ボディヴィラ登場

2015-08-28 18:03:33 | テーマ:

先日、日本テレビの人気番組
「ぐるナイ」の特別番組の
企画のなかで、当社が経営する
メンズ脱毛専門店ボディヴィラ
の施術が取り上げられました。

人気お笑いタレント、
くまむしの長谷川さんが
EXILEのATSUSHIさんを目指して
肉体改造をするという
企画です。

その中で、ひげのお手入れを
したことがない長谷川さんが
ボディヴィラでメンズひげ脱毛の
施術を受けてくださいました。

 hasegakumamusi

ひげ脱毛の施術を受けたことがない
方には見慣れないと思いますが、
ひげ脱毛の際はこのように顔に
贅沢に厚塗りゲルをたっぷりのせて、
さらにゴーグルをつけて施術をします。

番組の施術シーンの動画です。
ぜひ見てください。

放映された時間は短いですが、
実際の撮影は2時間かかり、
ATSUSHIさんのひげのスタイルに
なるように、長谷川さんが
こだわりをもって微調整しながら
整えていきました。

当日施術を担当したのは
ワヤンリゾートスパのマネージャー
斉藤さんです。
美の追求には絶対的なこだわりを
持つプロ。長谷川さんの要望の
応じながら、また提案をしながら
施術をさせていただきました。

いつも笑顔でお客様に接する斉藤マネージャー。プロ中のプロです
saitou

そして、ATSUSHIさんを目指して努力をする
長谷川さんのチャレンジの様子から
私も目が離せなくなりました。

チャレンジの期日にしっかりと
目標まで体重を落とし、うっすら
割れたお腹と引き締まった体で登場。
そして、しっかりとひげ脱毛で
ATSUSHIさんスタイルのひげデザイン
を施した長谷川さんは本当に
格好がよく、まるで身内のように
「良かったなぁ」と、感情移入して
しまいました。

思えば12年前に、大阪梅田で
男性脱毛専門店をオープンしたときは、
「男が脱毛なんてするか」と、
白い目で見られました。
しかし、まだ一般的でなかった
男性脱毛もニーズがあり、
多くのお客様に来店いただきました。
オープン当初のお客様には
ユニークな方が多かったのも
今では良い思い出です。

そして、男性でヒゲや体毛に悩む方の
お悩みを解消するサービスを
創出できたことが、嬉しかったことを
昨日のことのように思い出します。

今では、男性脱毛も一般的に
なりましたが、こうして
人気テレビ番組にボディヴィラが
選ばれることは
やはり今も嬉しいです。

まだ男性脱毛を体験したことがない方、
ATSUSHIさんを目指したい方(笑)は
ぜひボディヴィラにいらしてください。

メンズ脱毛専門店 ボディヴィラ

株式会社フューチャーブレーン
代表取締役/CEO 佐藤 剛

ネガティブをポジティブが、人生!

2015-08-13 18:21:57 | テーマ:

今日は月に1回のペースで
開催している、
「ワヤンプリ勉強会」の日でした。

当社ではいろいろな勉強会を
開催していますが、この勉強会は
各店舗の選抜メンバーに対して、
少人数で密に指導するものです。

今日のテーマは、
ポジティブリフレーミング。
これは、お客様のみならず
広い意味での対人関係向上のため、
マイナスな表現をプラス(ポジティブ)
の表現に言い換えるトレーニングです。

P8130879

この表現ができるかの
可否が仕事の結果につながる
非常に重要なトレーニングなので、
課題シートをもとにひとつひとつ
のマイナス表現をプラス表現に
変えるワークを行っていきます。
このワークでの学びを何度も
復習して自分の身に染みこませる
ことでようやく自分のものに
なるのです。

P8130892

当社の運営するサロンにいらっしゃる
お客様にふさわしい最上の接遇を
身につけるためにはこうした
きめ細かな勉強が必須です。
また、私自身が常識と思っていることと、
年齢の若い社員とでは差異があるので
そこを埋めていくことが
当社の感動サービスの品質維持に
欠かせません。
また、座学のワークのあとには
カウンセリングのロールプレイングを指導しました。

私自身がこれまで多くのお客様の
カウンセリングをしてきた
経験を通じての実地的な指導を
行います。

ケースバイケースの
接遇の方法、頭皮スコープチェックの方法、
お客様の頭皮の状況に応じた、
栄養の摂取についてのアドバイスなど
多岐に渡って伝えました。

P8130907
これだけの社内勉強会、研修に
時間を費やす同業他社は
おそらくないと思います。
しかし、こうやって時間をかけて
接遇、知識、技術力を高めることが
時間がかかっても結果的には
安定した経営につながると
考え、こつこつと地道な勉強会を
継続して行っています。

そして、勉強会で伝えたことを、
社員が「自分のもの」にして
成長する姿がかけがえない
私の喜びです。

 

株式会社フューチャーブレーン

代表取締役社長 佐藤剛

 

千葉テレビ 次世代型ビジネス番組 ビジネスフラッシュの取材を受けました

2015-08-05 15:02:18 | テーマ: メディア取材情報

8月1日に取材を受けた
ビジネスフラッシュの番組が放映されました。

司会の元サッカー全日本代表の宮澤ミシェル氏、
タレントの菅原えりさんの絶妙な対応のもと、
フューチャーブレーンの創業から
現在にいたるビジネスの展開、
理念について15分ほどお話させていただきました。

会社の創業。感動サービスを生み出すための
会社の体制づくりとして、ノルマ制度なく
売上を上げる経営方針、全社員が公正な
評価を受けることができる360度評価制度。
今後の事業展開としては、おもてなしの心に
みちたワヤンリゾートスパの感動サービスの
海外展開についてくまなく語りました。

取材の最後には、私の格言について
質問されました。
社員にもいつも伝えていることで
ありますが、私の座右の銘は
「微差が大差を生む」です。

この意味するところは、
仕事をする際は細心であることが
必要。仕事を大切に細やかなところに、
気を配り仕事の質を上げていく積み重ねが、
最終的に大きな成果を生むということです。

私は、仕事の能力に誰しも大きな差は
ないと考えています。
仕事で成功する人はこの「継続力」が
ある人です。特別な能力ではないので、
誰しもコツコツと継続してながら
仕事をしていけば必ず大きな実を
結びます。

シンプルなことですが、
意外に「継続」を意識して
仕事をする重要性が、認識されて
いないように思います。
フューチャーブレーンの社員
には、自分を信じて「継続」しながら
仕事をする姿勢を貫くことを
伝え続けています。

この私の経営哲学を番組では
コンパクトにお話しています。
なかなか、社外の方に肉声で
フューチャーブレーンイズムを
伝える機会がないので、
興味がある方は是非番組をご覧ください。

株式会社フューチャーブレーン
代表取締役/CEO 佐藤剛

↓以下、取材を受けた当社のビジネスフラッシュTV番組です。
http://business-flash.net/guest/

FB男子が男性美容メディア cheerup GROOMENに登場

2015-08-04 17:56:55 | テーマ:

 FBのイケメン社員初のメディアデビュー

フューチャーブレーンは
美容サービス業なので、
社員の9割は女性ですが、
少人数ながら会社を引っ張る
男性社員もいます。

職業柄、身だしなみには
人一倍気を使う彼らが、
男性向け美容ウェブメディア

Cheer up GROOMEN
最新スナップ 5DAYS
に取材掲載されました。

それぞれの美容法について
お話させていただいてます。

http://groomen.cheerup.jp/

普段からおしゃれのこだわりが
強く、美容にも人一倍熱心な
小島君。人懐こいキャラクターで
お客様の心をつかむ、店舗で
活躍する男性エステティシャンです。

小島健太君
http://groomen.cheerup.jp/snap/266

広告宣伝や販売促進を担う大手エステ企業
出身の藤田君。
仕事へのこだわりが強い情熱漢です。

藤田博史君
http://groomen.cheerup.jp/snap/267

当社の営業を担当して
くれる伊澤君は、元10年間バーテンダーという
ユニークなキャリアの持ち主。
お酒と香りの知識が豊富です。

伊澤正吾君
http://groomen.cheerup.jp/snap/268

未来の弟達へ

それぞれにかなり個性的、
仕事に対する想いが強い彼ら。
皆自ら仕事を創り上げていく、
行動派であることが共通項です。
私にとっては頼もしい弟分です。

そして、フューチャーブレーンは今後の
新たな事業展開をにらみ、男性社員の
採用を今後増やしていきたいと考えています。
まだ見ぬ感動サービスの創造と、
新たなビジネスフィールドへの進出を
手がけてみたいという気概を
持った、新たな弟達との出会いを
期待しています。

 

 

女性起業から、インスパイアー!

2015-07-16 11:52:59 | テーマ:

「裸でも生きる」、このタイトル名に
ものすごいエネルギーを感じ、
社長塾のテキストに選びました。

当社では社長塾という勉強会を、
リーダー向け、新卒社員向けと内容を
分けて毎月・定期的に開催しています。

これは、人間力と経営者目線で
業務を実行するための発想力、
そして組織コンディションの向上を目的と
するものです。

当社では
仕事には、大きく2つあると考えます
一つ目には、現在の事業を拡大させるために考え遂行する事業計画
2つ目には、会社の未来繁栄のためのヴィジョンを考え遂行する経営計画
この2つは、会社の生命線であり欠かせないものです。

ここを混同する社員やスタッフが多いので
社長塾という勉強会を実施するようになりました。

社長塾は課題図書をテキストとし、
討議をするなどのスタイルで行っています。
また、その内容に合わせて仕事の進め方や
悩み相談も受け、質問力や問題解決力を
高めるカリキュラムになっています。
前回は、男性経営者のTOPとも言える
稲盛和男氏の名著、
「働き方」をテキストにしました。

そして、今回は当社は90%の社員が
女性ということもあり、
新しい書籍として、山口絵理子氏の
「裸でも生きる」を選びました。

山口氏は、発展途上国におけるアパレル
製品企画・生産・商品販売をしている
株式会社マザーハウスを起業した方です。

「途上国から世界に通用するブランドを作る」
を、マザーハウスの理念に2006年、24歳の
ときに起業。バングラデッシュでジュートを
素材としたバッグの生産をスタートし、
現在では国内外で多店舗を展開するまでに
会社を成長させています。

山口さんは、すさまじい情熱を持つ女性起業家です。
起業以前から、中高・大学生活も人並みはずれた
努力とパワーで一番を勝ち取ってきました。
そして、世界最貧国のバングラディシュで、
起業し、さらに業績拡大していく
手腕も並外れたものです。
女性の精神力の強さにも感銘を受けます。

私は本著を読み感銘を受けるとともに、
経営の参考になる部分も
多々あり、これを社員と共有したいと
思ってこの本を選びました。
本書のエピローグには、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
自分は一体何をしてきたんだ。
他人と比べて一番になるなんてそんな
ちっぽけなことに全力を注ぎ、
泣いたり、笑ったり。
バングラディシュのみんなに比べて
山ほど選択肢が広がっている
私の人生の中、自分が彼らに
できることはなんだろう。
それは、まず自分自身が信じる道を
生きることだった。

他人にどう言われような、他人に
どう評価されようが、たとえ裸になっても
自分が信じた道を歩く。
それがバングラディシュのみんなが
教えてくれたことに対することに
対する私なりの答えだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・

改めて、私達の働く環境の良さを痛感し、
これから社員を一緒に再度この
本を読み進めて、
この力強く、美しい言葉と行動を
共有すること、そしてその先に
生まれる新たな学びと発見が
今から楽しみです。

私はこの日本という恵まれた環境に
感謝して止みません!
自分で選んだ仕事、自分で選んだ会社、
全ては自分で選んだこと。
まずは、迷わずはまること!
そうすれば必ずや、人生好転するかと思います。

自分の人生の選択を信じてみてはいかがでしょうか?

「中小企業の逆襲」…

2015-06-26 16:14:30 | テーマ: メディア取材情報

特集「中小企業の逆襲」
と題された、2015年7月7日発売の
経済誌「経済界」に光栄にも
5月にグランドオープンした、
ワヤンリゾートヨガの取材記事
が掲載されました。

ワヤンリゾートヨガ。
http://www.wayanresort.com/

経済誌「経済界」7月7日号

http://www.keizaikai.co.jp/magazine/

スクリーンショット-2015-06-29-20.06.01

スクリーンショット-2015-06-29-20.06.41

美と健康の向上を、感動サービスを通じて
提供する、フューチャーブレーンの新規事業展開
として取り上げていただいています。

美容サービスを展開するベンチャー企業で
あるフューチャーブレーンが
伝統ある経済界に取り上げていただけることは、
非常に光栄です。

私は、ひとつひとつの取材の積み重ねから、
メディアの方々との信頼関係を築いて、
良い広報につなげていくことも、
経営的に非常な重要な課題と考えています。

最近は、男性の美容関係の取材も
入るなど、取材の裾野も広がっています。
取材をしていただき、記者の方と情報交換
する中で、私自身の視野を広げる事ができます。

取材ごとに一期一会ととらえて、
感謝の気持ちを込めてお話させて
いただいてます。

伊勢研修旅行 感謝編②

2015-06-15 19:01:59 | テーマ: 研修

2日目は伊勢神宮正式参拝。
日本人の総氏神とされる天照大御神が
祀られている神社。
式年遷宮をしたばかりな為、
殿舎は全て作り替えられ、木材が若い色をしています。
清冽な美しさに胸を打たれました。

お願いではなく、生かしていただいている
ことへの感謝の気持ちを伝えます。

01

参拝後は、お伊勢参りが盛んだった
江戸~明治時代のレトロな街並みを再現した
「おかげ横丁」の牛肉専門店「豚捨」で
昼食をとりました。
伊勢参りが盛んだった江戸時代、
伊勢人は全国から命がけの旅をしてくる
旅人に物・心両面で支え、ありがたく迎えた
そうです。その名残が「おかげ横丁」に
受け継がれており、参拝を終えた客を
温かくもてなしています。
我々も、温かいおもてなしを受けました。

おかげ横丁をそぞろ歩きしました

02

焼肉の概念を覆す厚さ!美味しさ!
こちらは、伊勢牛です。たっぷりおろしとレモンを薬味に頂きます。

t01880548_0188054813338053735

03

ところで牛肉専門店なのになぜ店名に
“豚”が付くのか不思議ですよね?
このお店の牛肉があまりに美味しい事から、
お客さんが豚なんか捨てちまえ!と
豚肉を投げ捨てた事が由来だそうです。
こんなことを知るのも研修の楽しみです。

また、私達は良く知られている
伊勢神宮だけでなく、
天照大御神の御魂が祀られている「伊雑宮」
にも足を運びました。
観光地としても賑わう伊勢神宮とは違い、
派手さは一切ありません。
“何事も見た目ではない”ということを
改めて教えて頂いたような気がしました。
まさに全員身を引き締める思いで
参拝させていただきました。

伊勢神宮の内宮から車で約30分…
ひっそりとした静かな地に伊雑宮はあります。

04

05

感動と感謝に満ち、それを社員と共有
できることの幸せをかみ締め、
そして感謝を捧げ、来年につながる
ことを祈念する伊勢研修でした。

伊勢研修旅行 感動編①

2015-06-12 19:26:40 | テーマ: 研修

先週、こちらのブログで報告させて頂いた、
恒例の伊勢研修旅行ですが、参拝を通じて、
スタッフと共に感謝、敬う心を謙虚に学ぶと
いうこと以外にもうひとつ、感動サービスを
体験する、学ぶという目的があったんです。

そこで、今回、伊勢研修旅行報告の続編として、
旅先の感動体験、普段は直接会って交流
する機会も少ない、東西スタッフの交流などなど、
素顔のフューチャーブレーンを
お見せしたいと思います。

天井までガラス張りの運転席/マッサージ機能付き
シートで贅沢な移動

01

伊勢に向かうには、乗ること自体が
エンターテイメントのような観光特急
「しまかぜ」に乗りました。
(今までなかなか席が取れず、ようやく念願が叶いました!)

到着後の昼食は、
海鮮蒸し料理 華月で。安着に感謝しながらの
乾杯です。

02

そして、今回の宿泊先「The Earth」は、海を見晴らせる高台のうえに建つ、絶景の宿です。そのおもてなしのひとつは、家に帰ってきたようにくつろいで欲しいというコンセプト。宿の中ではスリッパは履かず裸足で過ごします。足の裏にゴミがつかない掃除の徹底ぶりに感動しました。

部屋に入ってもウェルカムフラワーとスィーツも
和モダンな意匠を凝らしたもの。
本当に歓待されているという気持ちが
高まります。

03

そしてアメニティは真珠の産地らしいMIKIMOTOの化粧品
こんなに素敵な巾着袋に入っています。
そして、各部屋ごとにしつらえが変わる、
楽しみにあふれた空間です。

04

水平線が見える絶景の展望台

05

東西スタッフが交わりディスカッションができる
好機であるのがこの研修です。
くつろいだ姿ながら、食事前にはしっかりと
情報交換をしました。

06

夕食は、伊勢海老、鮑、牛ロース、フカヒレ等々…豪華なお料理の数々
見た目も、味も最高でした。

07

この素晴らしい夕食には細やかな心配りが
隠されています。
甲殻アレルギーのスタッフには、
一見見た目は同じですがエビの出汁不使用の
特別メニューが用意されました。

事前に伝えていたことをスムース
且つ徹底してサービスされると感動します。
このおもてなしの心は、当社のサービスにおいても
さらに徹底して行っていきたいと改めて
感じました。
伊勢には、日本のおもてなしの心が
あふれています。
どなたにも一度は訪ねることを
おすすめしたい場所です。
伊勢研修旅行は盛り沢山な内容なので、
また続編もお届けしたいと思っております。

一日をリセットし、次に向かいます

2015-06-09 10:48:21 | テーマ: 経営

さて、当社は5月より新年度を迎えました。

期の変わり目には、打ち合せが多くなり
遅い時間にまで及ぶことも多々あります。
昨日もそんな一日でした。

一日の終わりには、必ず仕事のモードを
リセットし次の日に向かうことにしています。
それは、ランニングやジムで
運動をしたりと色々あるのですが、
昨夜は営業部門長である課長の藤田君と
会社近所の気楽な居酒屋で、飲みました。
本社近くのその居酒屋は
路面から中が見える開放的な感じが
よく、当社の社食とも言われています(笑)

スクリーンショット-2015-06-30-10.05.49

飲みながら仕事の話では
リセットにならないようですが、
オフィスとは場所を変えての
仕事の話は、また違うテンションが
あがり、意外にもリセットになります。

こうして熱いフューチャーブレーンの
社員と過ごして一日を終えて次に向かっていく。
私は結局、社員からもらうエネルギーで
自分のエンジンを動かしている、
そんなことを改めて感じ、
感謝するそんな一夜でした。

生かして頂き感謝しております。

広告費半分で3倍売り上げUP! 自分らしくエステサロン経営を成功させるオキテとは?