ページ
トップ

明日へのエステ経営に役立つ無料WEBマガジン

アグレッシブかつ謙虚に

2014-02-07 15:38:39 | テーマ: 経営

スクリーンショット-2015-06-29-17.29.08

 2月1日に大阪で、ベンチャー企業志向の学生向けの
就職イベント「情熱フェスタ」に参加し、沢山の熱気
あふれる学生さんにお会いしました。
皆さんから、沢山のエネルギーを受け取り、私も大きな
刺激を受けました。
 それとともに、自分自身が社会人になったころ、
また10年前のちょうど2月1日に、ひとり梅田に東京人の
私が降り立ち、起業したころのことを思い出しました。

 私は元々ファッションが好きで、学生時代から
ファッション関連のアルバイトをし、大学卒業後は
アパレル企業に就職しました。
このときは、営業からスタートし、ファッションの企画
を担当しました。
 先輩、同期の親友、後輩、私と鼻っ柱の強い連中が
チームを組んで仕事をしましたが、今思っても、莫大な
仕事量をこなし、仕事には正解がないと、圧倒的な
追及度でとことん仕事を極めた思いがあります。この、
大手サラリーマン時代に培った仕事の経験が、未だ
私の仕事の基礎になっています。

 また、梅田で最初の店舗の立ち上げを行ったときは、
親しい人もいなく、慣れない関西の地で自分の誕生日の
2月5日に、ひとりで食事をしながら空しさを強く感じた
ことを今も覚えています。そんな心細いスタート
でしたが、多くの人に支えられて店舗を軌道に乗せる
ことができ、今では関西が大好きで、また大変感謝を
しています。

 振り返り、なぜ体ひとつで乗り込んだ、見知らぬ地
からビジネスをスタートできたのかを考えると、
自分の目標に向かってアグレッシブに仕事に取組むと
同時に、単なる儲けの追求ではなく、社会・お客様・
社員の永続的な幸せを追求することをミッションに、
謙虚かつ着実に経営を行った結果なのではないかと
思っております。
 私は、感動サービス(=極上のホスピタリティ)を
通じて人を幸せにして差し上げるため、長い視線で
経営し、社員の子どもまでが入社したいと思うような
次世代に響く、100年・200年続くオンリーワン企業を
創り上げたいと思っています。

スクリーンショット-2015-06-29-17.33.12

 様々な経験や場数を通して今の私が存在しますが、
特にベンチャー企業を志向する学生さんにお伝えしたい
のは、自信があるから、アグレッシブであるからこそ、
謙虚さが大切ということです。
 鼻っ柱の強さと謙虚さを合わせもち、私が思いも
つかないような新たな感動サービスを生み出す若い力
を、フューチャーブレーンは待っています。
 これからも、多くの学生さんに会い、私の目の鱗を
落としてくれることを期待し、楽しみにしています。

新卒採用説明会を行いました

2014-01-17 19:30:28 | テーマ: 経営

スクリーンショット-2015-06-29-17.37.08

現在、フューチャーブレーン社にとって最大の経営課題であるのは採用です。
会社の更なる発展のために、当社の経営理念を深く理解し、共感してくれる同志を採用したいと考えています。
昨日は、初めての試みの会社説明会を行いました。参加してくれた学生は、ベンチャー企業で仕事をすることに、大きな夢を抱き、そして素直な心を持っている人達でした。

 就職活動に際して、大企業ではなく、あえてベンチャー企業を選ぶ人は、ベンチャー企業に対してどういうイメージを持っているのでしょうか?
 大企業であれば組織の歯車になり、経営について学ぶチャンスが遠のく。やりたい仕事につけずに理不尽な思いをする。ベンチャーであれば、経営者の近くでやりたい仕事につき、早期に自己実現できる。もし、こんな想いを持って、ベンチャー企業を志向するのであれば、恐らく入社後に現実とのギャップに残念な思いするのではないかと感じています。

 大企業であろうと、ベンチャー企業であろうと仕事の厳しさは同じくで、理不尽な事も沢山あるのが現実です。しかし、仕事の醍醐味はその理不尽さを乗り越えていくことにあります。解決しがたい課題に向きあい、試行錯誤することで問題解決力、改善力が身につきます。

 フューチャーブレーンでは、確かに経営の現場で仕事をする機会に恵まれます。経営についての学びはもちろんですが、それ以上に私が新卒社員に学んで欲しいのは、心の底から社会のため、人のために貢献する気持ちで仕事をすることです。私は仕事とは、人の悩みを解決する術を生み出すことと考えています。

 ベンチャーで仕事をしたいではなく、フューチャーブレーンという感動サービス開発企業で、ホスピタリティに満ちた新サービスを創出することに、心から喜びを感じる人と一緒に仕事をしたい。

 やる気にあふれて、キラキラと目を輝かせて仕事の仕掛け人になるぞ!という情熱にあふれる若い才能を、両手を広げて待っています。

2014年、飛躍の準備を整えます!

2014-01-10 15:24:41 | テーマ: 経営

 株式会社フューチャーブレーンを創業し、今年で8年が経ちました。
 大阪の初店舗の立ち上げを無我夢中のままに手がけたときから、がむしゃらに走り続けてきました。
現在までに東京関西に6店舗を経営するまで会社が成長しましたが、あっという間に時間が過ぎたように思います。そして今、会社のさらなる成長のために新たな施策を打つ時期に来たと感じています。

 私は創業以来、日本の美容業界を変革し、業界のリーディングカンパニーになるという志の元に業務を展開してきました。エステティックという美容サービスには、未だ強引なセールスや、不透明なサービスが横行するというイメージが有り、残念ながらそれは一部事実でもあります。
 エステティックは、美と健康を望む人に自分ではできない施術を通じて、その方を幸せにして差し上げる非常に意義ある仕事と思っています。しかし私は、未だ「美容サービス業」が確固たる業種として確立していると思っていません。
 自分自身のミッションは、意義有るエステティックという美容サービスにおいて顧客第一主義を貫きながら、たゆまぬ質の向上を図り続けること。そして、フューチャーブレーンを美容サービス業において、ソフトバンク、ソニー、資生堂のような、時代に先駆けて新しい業界を築き上げあげた高品位な企業に成長させることです。そして、他にない高品位なサービスを持って海外進出することも早期ににらんでいます。

 このミッション達成のために今必要なのは会社の価値観、ビジョンを共有して、会社の成長を担ってくれる新たな人材の採用であると今痛感しています。

 美容サービス業において、強引な勧誘やセールスを一切行わず、顧客第一主義を貫きながらリーディングカンパニーを目指すことは利益を考えると矛盾した行為です。しかし、従来型の考え方にとらわれていて未来はない。

 新たにひとつの業界を創り上げるには、生半可な気持ちでは向かえません。強い意志と、広い視野を持ち、枠にとらわれない発想を持つ人。目標に向かって周囲を巻き込み、社内にビジョンの浸透をさせながら成果を出せる人。何よりもチャレンジを心から楽しみ仕事をする人。
今年の採用活動では、フューチャーブレーンのミッションに賛同する同志を採用します。

 そして、志を同じくする仲間で全社一丸となり高品質なエステティックサービスの提供を通じて、多くの人に美と健康をもたらすことで、豊かで希望に満ちた、日本の、世界の発展に貢献していきます。

株式会社フューチャーブレーン
代表取締役社長CEO 佐藤剛

自分らしくエステサロン経営を成功させるオキテとは?