ページ
トップ

明日へのエステ経営に役立つ無料WEBマガジン

「人間力とは、判断力?」

2017-07-21 16:24:12 | テーマ: 2017年コンサルティングセミナー勝ち組サロン研修社内イベント経営経営コンサル育成

みなさん、
こんにちは!
フューチャーブレーン
代表コンサルタントの
佐藤剛(さとうごう)です。

梅雨時期にも関わらず天気にも恵まれ、
夏の陽気を感じさせる快晴の7月吉日に
新入社員3ヶ月研修を実施しました。

今年の新入社員も4月の入社から
この3ヶ月の間で直営サロンにて
様々な成功・失敗経験を経て、
入社時とは想像もつかないほどに
成長している姿をみることができました。

学生から社会人になるにあたり、
一つひとつの壁に対してもがき苦しみながらも、
あきらめずに真摯に向き合い乗り越えてきた
新入社員のことを私は誇りに思います。

ブログ2.21

当社の最短最速で成長できる
育成プログラムの一環として、
この「3ヶ月研修」を実施しているのですが、
今回の研修の中で私も「社員の幸せ」について
皆と考え、話を致しました。

「幸せ=自由」を得ることだと
私は捉えております。

ブログ2.21②

昨今、自由というものを勘違いしている方が
多いように感じるのですが、
働かずして本当の自由は得られません。

本当の自由を得ている人
つまり成功している人というのは、
仕事を通じて自由を手に入れております。

また、仕事を通じて人間力を磨き
周りから憧れられる存在でもあります。

挨拶や礼儀・礼節、
目配り・気配り・心配りといった配慮、
というように、本当の自由を得ている人は
感謝の思いに溢れ、常に周りに
生かされていることを忘れないのです。

私は、人間力を磨くということは
判断力を磨くことだと考えます。

本当の自由を得る人の判断基準とは
「利他(りた)の心」です。

我良しではなく、他人に良かれし。
ということです。

自分の利益のためだけに行動するのではなく
相手の幸せのことも考えて行動する。

周りから見ると自己犠牲のように
思うかもしれませんが、当の本人は
「自分がよく思われたい」「自分が好かれたい」
といった見返りを求めて行動しているのではなく、
心から相手のことを考えて言動・行動している
だけなのです。

そして、
一見自分に不利と思えるような状況にあっても
「利他の心」を持って正しい判断ができることこそが
信頼できる本物の条件なのではないでしょうか?

仮に、自分のみ都合がよく儲かるというようなことが
あったとしても、人としていかがなものかと
思ったときには、それは決して選ばないという
人生を歩み続けたいと心に誓っています。

そう、その行動の判断基準は決して損得勘定で
動いてはいけないと確信しています。

そして、
そのような利他の心を判断基準に
行動する人の元へは、賛同者、協力者も増え、
まわり回ってその努力が報われるべく、
必ず良いことが自分に返ってきます。

まさに、これは因果の法則、
因果応報といえるでしょう。

社員の幸せを考えると
生きていくうえで毎日、毎日訪れる
判断の連続=判断力を磨かない限り、
自由は得られないのです。

その自由を手に入れられる判断力の精度を
高めるためには、やはり人間力を高めなくては
ならないということです。

そのような理由から、
自利(じり)の心でしか行動ができない人
いわゆる「我良しの人」。

つまり、損得で物事を考える人には
絶対になってはいけない!
と心から新入社員へメッセージを贈りました!

ブログ2.21③

人は動物と違い仕事を通じて
成長する必要があります。

新入社員も社会に出ての最初の3ヶ月間は
様々な変化や知識・情報が降り注ぐ人生で
最も大変な時期です。

そんな3ヶ月間を
今回の新入社員それぞれが
たくましく乗り越えてきました。

最初はできなくて当然です。

私も何もできませんでした。

今大切なことは、めげずに継続すること!
継続は力なりといいます。

世の中で大成している人の共通点は、
良きことの継続、努力の継続を
重ねていることです。

そうすれば必ず何でもできるようになります。

また、今の悩みは確実に消えます。

しかし、途中であきらめて
自分の人生に真剣に向き合うことをしなかったら、
悩みは消えず、つらくて苦しい
思い出にしかなりません。

そして、頑張ってきた努力とその経験は、
一瞬で無駄になります。

最初は、越えられなかった壁も
あきらめずに継続することで、
やがて乗り越えることができ、
振り返るとそのつらかった壁は、
とたんに良き思い出に変わるのです。

そんなメッセージを新入社員メンバーへ
伝える中で私もつい自分の過去を
思い出し胸が熱くなりました。

当社も創業から12年目。

私個人としても本当に良い経験を
させてもらいました。

もちろん、苦しい時期もありました。

しかし、過去に出会った人や経験に対して
苦しさや辛さ、悲しさに囚われる
ネガティブな発想ではなく、その人や経験が
残してくれたものを大切にしようという
ポジティブな発想が生きていく上で
とても大切なのではないでしょうか?

それは、同時にネガティブから生まれる
判断や決断は、決して良き明るい未来を
導くことができないことでしょう。

だからこそ、ポジティブ判断、ポジティブから
生まれる決断が、良き未来を創るためには
大切なことなのです。

これまで多くの困難を共に乗り越えてきた仲間、
苦楽を共にしてきた仲間を大切にしていきます。

この度、入社からの3ヶ月間を
勇敢に乗り越えてきた新卒4期生の
皆さんから沢山の勇気をもらいました。

「感動サービスを通じ、人を幸せにする」

という経営理念を胸に、
社員全員と共にお客様の幸せを真剣に考える
美容業界ナンバー1企業を目指します!

この感動を胸に、更なる飛躍年へ!!

株式会社フューチャーブレーン
代表取締役社長/CEO
佐藤 剛(さとう ごう)

自分らしくエステサロン経営を成功させるオキテとは?